スマートホームにおける音声技術への消費者の適応について
技術

スマートホームにおける音声技術への消費者の適応について

メーカーやOEMが音声対応ホームデバイスの新たな導入方法を計画する一方で、消費者はスマートホームにおいてこれらの技術をどのように受け入れているのでしょうか。

ローラ・テイト
ローラ・テイト
CMO

目次

本稿では、スマートホームと音声技術の市場を世界規模で考察し、家庭内での音声認識機能を備えたスマートデバイスに対する消費者の反応や、スマートホーム機器メーカーが消費者の導入において直面する課題を明らかにします。 

スマートホーム市場の分析

MarketsandMarketsの調査によると、国内のスマートホーム技術の導入額は、2026年までに1,389億ドルという驚異的な金額に達する見込みです。スマートホーム技術を採用する地域としては、北米が最も成長していると予測されています。

優れたユーザー体験に対する意識や期待の高まり、平均所得の増加、IoT(Internet of Things)エコシステムの急速な発展、規格の進化などが、この市場の成長を後押しします。

Statista社によると、米国では40%の家庭がスマートホーム機器を使用しており、2025年にはその数は57.3%になると予想されています。

米国のスマートホーム機器所有者 - Statista

このような利用者の増加により、スマートホーム市場の売上高は年間成長率(CAGR 2021-2025)12.82%で推移し、その結果、2025年には市場規模が467億6700万米ドルになると予測されます。(本調査では、インターネットを介して接続され、家庭内の接続された機器の自動化や遠隔操作を主な目的とした機器を対象としました)。Smart TV、タブレット、スマートフォンは含まれていません)。

アドバイザリー会社の ABIリサーチ社は、今年までに消費者がIoTガジェットに1230億ドルを費やすと予想していると報告しています。 

調査会社の IDCによると、この数字は急激に増加すると予測されており、メーカーは研究開発とマーケティングの費用をホームモニタリングとセキュリティデバイスに集中させるでしょう。 

続いて、スマートスピーカーが15.4%、照明器具が11.8%のシェアを獲得します。

音声アシスタント、音声対応スマートスピーカー、スマート照明、ホームセキュリティカメラなど、様々な技術が消費者に提供され、スマートホームテクノロジー市場は拡大を続けています。

「IDCのIoT担当シニアリサーチアナリストである アダム・ライトは、「消費者は、旅行や外食、映画館に行くといった他の分野から、自宅での快適性や利便性、エンターテインメント性を高めることに優先的にお金を使うようになっています。「そのため、ストリーミングスティック、スマートスピーカー、セキュリティデバイス、スマートライトなどのスマートホームデバイスが、この1年で好調に推移していることがわかりました」と述べています。

スマートホームにおける音声技術の成長

Statista社によると、音声認識の世界市場規模は、2020年の107億米ドルから2026年には271億6,000万米ドルに成長すると予測されています。

リサーチ・アンド・マーケッツ社の調べによると、ハイエンドの自動化された家電製品向けの音声アシスタント技術の開発は、スマートホーム業界のダイナミクスに直接影響を与えています。音声操作は、スマートホームオートメーションの主要な操作方法です。 

音声起動型スピーカーの利用は、スマートホーム機器における音声認識のより一般的な利用方法の一つです。 GoogleとPeerless Insights社のレポートによると、音声起動型スピーカーを所有している人の72%が、毎日そのデバイスを使用しているとのことです。 

スマートスピーカーの人気は、スマートホーム業界にも良い影響を与えています。

Forrester Analytics社によると、スマートスピーカーの所有者は、スマートロックやサーモスタットなどの他のタイプのスマートホーム機器を購入する可能性が高いそうです。

スマートホームにおける消費者の音声技術の利用状況 

前述の数字からもわかるように、音声技術とスマートホーム機器は相性が良く、消費者が家庭内でこれらの機器を操作する際には、音声認識が主な手段となっています。

しかし、消費者は家庭内で音声対応のスマートデバイスをどのように使っているのでしょうか?

Consumers InternationalとInternet Societyの調査によると、回答者の70%が、スマート家電、フィットネス機器、ゲーム機など、1つ以上のスマートデバイスを所有していることが明らかになりました。 

本レポートでは、オーストラリア、カナダ、フランス、日本、英国、米国の回答者を対象に、スマートデバイスの使用方法について調査を行いました。

調査参加者は、平均して、家電製品とコネクテッド・ウェアラブルといった2つのカテゴリーのコネクテッド・ホーム機器を所有していました。一方、日本では、46%の回答者がどのタイプのインターネット接続機器も所有していないと答えており、この数字は低くなっています。

米国、英国、ドイツの音声技術ユーザーを対象とした調査「 Voice Consumer Index 2021」では、回答者の66%が音声アシスタントを使用する際にスマートスピーカーと対話し、31%が音声技術を毎日使用していることがわかりました。 

音声技術のユーザーの多くは35歳以下で、日常生活のさまざまな場面で音声を使ったコミュニケーションを求めています。 

また、英国、米国、日本、中国、ドイツ、フランスの消費者の5人に1人が、 音声アシスタントを使ってレシピを検索したり、料理を注文したことがあるという調査結果もあります。 

8割以上の人が、天気情報の検索やスポーツの試合結果の確認に音声技術を使用していると答えています。また、半数以上の人がタイマーやアラームに音声技術を使用しており、半数以上の人が家電製品の起動に音声技術を使用しています。

スマートホーム機器メーカーが直面する課題

コスト

スマートホーム機器の導入において、コストは最大の課題の一つです。部屋の追加、キッチンのリフォーム、スマートホームセキュリティシステムの追加など、住宅設備の購入はほとんどが高額です。 

そのためには、メーカーや販売者が一丸となって、特定のスマート家電やシステムの価値を消費者に伝えていく必要があるでしょう。

また、 保険会社による大幅な割引や、米国の連邦政府、州政府、地方自治体、電力会社が住宅に太陽光発電を導入する際にリベートを支給する「 ソーラーパネル導入促進プログラム」のような取り組みも行われています。

相互運用性、またはその欠如

また、スマートホーム市場における相互運用性の欠如や断片化も、コスト回避を困難にしています。膨大な数のスマートデバイスが、異なるメーカーの異なるOSや機能を提供しています。 

一部のメーカーは、他のスマートホーム機器との連携を優先していますが、スマートブランドやシステムの種類が非常に多いため、実現は困難です。

スマートホーム市場では、様々なスマートホーム機器の連携方法が細分化される可能性があり、メーカーはスマートキッチン機器などの特定のホームカテゴリーの同期化に力を注ぐかもしれません。

さらに、音声認識の適応は、真に統合されたスマートホームにおいて重要な役割を果たすでしょう。

複雑さ

スマートホームシステムの中には複雑なものもあり、技術的に優れたユーザーであっても、統合されたスマートホームを設置・設定するのは難しいと感じるかもしれません。ここでコストの話に戻りますが、多くの完成された家のスマートシステムは、専門のインストーラーが必要になります。

この問題を回避するには、エンジニアがインストールとセットアップをより簡単にする方法を考えなければならないかもしれません。

プライバシーとセキュリティ

さらに大きなハードルとなるのが、セキュリティとプライバシーへの懸念です。 

英国ウォーリック大学のWMGおよびコンピュータサイエンス学科の研究者が行った 調査によると、英国の消費者の多くが、プライバシーやセキュリティの問題からスマートホーム機器の使用に慎重になっていることが分かりました。

Consumers InternationalとInternet Societyのレポートによると、70%の消費者がスマートホーム機器を使用している一方で、63%がコネクテッドデバイスを「気味が悪い」と感じ、75%がスマートデバイスから収集したデータの共有方法に不信感を抱いていると答えています。

IoT市場に対する消費者の信頼が得られないと、メーカーや小売業者に悪影響を及ぼす可能性があります。"

スマートホーム機器を所有していない消費者の3分の1が「買わない」と答えているほど、セキュリティへの関心は高い。

エッジで機能する音声認識技術を使用することで、データがビッグテックの手を離れ、ハッカーの手に渡らないようにすることは、スマートホームメーカーにとって重要な検討事項となるかもしれません。

スマートホームに必要な正確な音声認識

家庭内のスマートデバイスが急速に進歩している一方で、音声認識を日常的な家電製品やその他のスマートホームデバイスに統合するための成長の痛みは、まだ解決されていません。 

背景雑音、複数の話者、話者の不正確な識別などは、音声認識業界を悩ませる問題です。そして、スマートホーム業界も同様です。

忙しい、つまり騒がしい家庭、特に複数の家族やホームオフィスで働くリモートワーカーがいる家庭では、既存の多くのスマートテクノロジープラットフォームやデバイスでは、正確な音声処理や音声認識が困難です。 

音声技術はスマートホームオートメーションにおいて重要な役割を果たすため、メーカーやOEMは、ノイズを効果的に除去し、正確な話者認識とパーソナライゼーションを提供できる技術を使用する必要があります。

スマートホーム市場で支持を得るためには、消費者にとってスマートデバイスの使用が摩擦のない快適な体験でなければなりません。

スマートホームの未来 

現在の市場では、音声認識を使って機器の電源を切ったり、情報を探したり、文書を書いたりすることが中心ですが、将来的には モノのインターネットに完全に浸ることができるようになります。

専門家によると、スマートホームは、単純な音声コマンドで照明を消したりつけたりするだけのものではなくなるといいます。AIの進化により、住宅の所有者について学び、そのニーズを予測することができる真のスマートホームが実現します。専門家たちは、現在私たちが使っているAIや音声を使ったプラットフォームが、いつの日か家全体の「脳」になるとさえ言っています。

未来がどのようなものになろうとも、音声認識技術がすべての中心となることは間違いありません。なぜならば、音声は人間同士やスマートデバイスとの主要なコミュニケーション手段のひとつだからです。

課題は、メーカーやOEMが消費者の信頼を阻害する課題に取り組み、信頼性の高い正確な音声認識技術を未来のスマートホームに採用することです。


スマートデバイスの音声認識品質の向上

デモを予約する

は必須項目です



この読み物を楽しめましたか?

最新の動画ビジネスニュース、戦略、考察を受信トレイに直接送信します。

今すぐ始める

ユーザーに声を届ける

KardomeのVUI技術は、あらゆる音声対応プラットフォームやスマートデバイスと統合することができます。

マルチスピーカー・アイソレーション

バックグラウンドノイズを除去する

正確な音声認識